FXの取引単位について

FXは証拠金をベースにレバレッジをかけて取引する差金取引のうちのひとつですが、取引単位は通常は1万通貨がベースとなっています。つまりドル円でいいますと最近のレートでいえば40000円前後で1通貨ペアの取引単位ということになります。したがって10万円程度の証拠金で取引をしていくことになりますと、2枚程度しか購入できないことになってしまうのですが、最近ではより少ない予算でFXをはじめられるように1000通貨単位での取引を認める業者が増えており、参入がしやすくなっています。したがって初診者でFXの取引にまずなれることからスタートしたい方は1000通貨単位で取引ができる業者を選択することがお勧めです。これならばドル円でほぼ1単位4000円から取引することができますので、5万円程度の証拠金取引でも十分にFXの取引を体感することができるのです。

none